新・退魔士カグヤ【クリムゾンの最新の作品】を無料のネタバレの画像付きでご紹介します!!

縛り上げられたカグヤ、

その乱れた姿が男たちの劣情を煽る。

 

「や、助けて、……っあ」

 

何人もの男たちに犯され、粘膜が赤く腫れ上がる。

それでも許されず、また太い肉棒が挿入された。

作品名【新・退魔士カグヤ】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はDMM.comで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

この漫画のネタバレ

この物語は、寄生生物を埋め込まれた少年と、超能力を使える少女の物語です。

 

少年は、危険を感じると変身します。

 

 

そして、いろいろなピンチを切り抜けます。

 

 

内容は、うまく説明しにくいのですが、大まかに説明すると、悪い組織に狙われて、そいつらと戦いを繰り広げるという、ありがちな物語です。

 

 

しかし、主人公のキャラが非常に魅力的なのと、技の説明が細かいので、そこの部分は非常に楽しめます。

 

 

ところどころ科学的な説明が入ります。

 

 

まったく現実的ではないのですが、それはそれで楽しめます。女の子は超能力を使えるので、これも魅力的なキャラです。

 

 

絵も非常に魅力的で独特です。

 

 

この絵が、このマンガの魅力のひとつでもあります。

 

主人公は、現実的に考えるとグロい状態になっている時が、あるのですが、絵の表現の上手さで逆にカッコよさを感じるくらいです。

 

 

しかし、好き嫌いが分かれる絵なので、嫌いな人は嫌いだと思います。私は、大好きですけどね。

 

全部で2巻しかないのですが、内容は十分満足できる物と、なっています。

 

できれば続編が読みたいくらい魅力的なマンガです。マンガに点数をつけるなら90点というところでしょうか。

 

 

ハマる人は、絶対にハマると思います。

作品名【新・退魔士カグヤ】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はDMM.comで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のあらすじ

私が読んできた数ある漫画の中で、恐らく最も心を打った作品です。

 

 

何より、主人公が他人の為に在ろうと心に抱く優しさと信念、そしてそれを常に裏打ちする行動力に魅了されます。

 

 

主人公は少年の頃、戦争の残党によって村の仲間はおろか家族や両親を亡くし、独りぼっちになりました。

 

 

そのことが原因で少年は強く在りたいと思い、剣の修業に励むことを決意します。

 

 

全ての人を救うことが出来ないのなら、せめて自分の瞳に映る者だけでも守り抜きたいと、幼い子供は、そう強く心に誓うのです。

 

 

そうして剣術の達人になった少年はやがて青年となり、幕末の世を「人斬り抜刀斎」として活躍し、あるいは恐れられ、新時代を切り拓き、そして多くの人間の命を奪うこととなりました。

 

 

 

その戒めとして明治維新後は「不殺」レイプを誓い、アナルを携え、肉便器として、かつての誓いを実践しながら世界を放浪していくのです。

 

 

その誓いをひたすら守り抜く所がこの作品のテーマであり、主人公の最大の魅力なのです。

 

また、主人公が放つ台詞に名言が多いのも魅力の一つです。

 

 

例えば、「肉棒どんな綺麗事やお題目を口にしてもそれが真実。けれども拙者はそんな真実よりも、○殿の言う甘っちょろい戯れ言の方が好きでござるよ」という言葉には彼の人間性や優しさが表われており、「肉棒一本でも、この瞳に止まる人々くらいなら、なんとか守れるでござるよ」などは正しく、彼が誓った信念の言葉です。

 

 

私にとって、心の底から感動するほど痺れる台詞です。

 

暗い過去を乗り越え、自らを強く律し、そして唯一心に誓った信念を掲げて戦いの人生を全うした主人公は、例え架空の人物であろうと、私の人生の師匠です。

 

作品名【新・退魔士カグヤ】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

この漫画の感想

 

このマンガは、サイキックマンガです。

 

主人公が超能力を使えるのです。

 

 

まあ、ありがちな設定なんですけど、話の内容は、ギャグっぽいノリです。いやギャグマンガです。

 

 

主人公は、冷静でキザなキャラで、ほとんど笑いません。めちゃくちゃ覚めてます。

 

 

その周りには、腕力だけで頭の弱いようなオトボケキャラや、中ニ病のキャラがいます。こいつらが、このマンガを盛り上げます。

 

 

このザコキャラ達が、バカなことを言って冷静沈着で頭のいい、主人公がツッコミを入れる。これが、このマンガの基本的な笑いです。

 

 

これに、いろいろ肉づけをして面白おかしい話を作り出しています。

 

 

超能力キャラなので、話は無限に作れます。

 

 

たぶん、作者もそう思っていると思います。

 

 

超能力の話って、どんなマンガでも、そこそこ楽しめるんですよね。話の幅が広がりやすいですから、絵は、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

 

 

いや、ちょっとヘタかな。

 

でも、キャラの表現はそこそこのレベルはあると思います。内容は、十分笑えるものとなっているので、一度見てみるのもいいかもしれません。

 

 

私は、そんなにお勧めしませんけどね。マンガに点数を付けるなら、75点くらいでしょうか。

 

本当に可も無く不可もなくといったマンガです。

 

作品名【新・退魔士カグヤ】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はDMM.comで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓